« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月12日 (日)

ハイビスカスの開花 (コマ撮り動画)

木・花・鳥・山・水・星!

ハイビスカスの開花をコマ撮り撮影し動画にしました。
朝4時に起きて撮影開始。3~4分置きにデジカメで撮影して行きました。
撮影すること3時間半。朝の7時半に終了としました。
3分おきに撮影しても、肉眼ではさっき撮影した状態と何も変わっていないようですが、動画にしてみるとやっぱり少しづつ変化していました。
朝早く起きて何かするのもいいものですが、昼ご飯の後、居眠りをしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

紅葉だより2010 高雄-清滝-嵐山ハイク

木・花・鳥・山・水・星!

犬鳴山の紅葉狩りに続いて、11月28日に、高雄から嵐山まで東海自然歩道を紅葉狩りハイキングに行ってきました。

9:00 栂ノ尾 高山寺 - 9:30 西明寺 - 10:00 神護寺 - 11:30 清滝 - 12:30 落合 - 13:00 本鳥居・化野念仏寺 - 13:30 大覚寺 - 14:15 天龍寺 - 15:00 阪急 嵐山駅

京都からバスに乗って、まず高雄の高山寺へ向かいました。この寺は、鳥羽僧正の「鳥獣戯画」で有名なんですが、鳥獣戯画を見るには、寺の拝観料500円に、さらに石水院600円が必要です。
今日は美術観賞観賞ではなく紅葉を見に来たのでやめました。

山の上なので、紅葉は盛りを過ぎ落葉が進んでいました。それでもまだまだきれいな紅葉もあり、癒してくれます。

Img_2

Img_3094 Img_3095

高山寺から少し山を下って、西明寺へ。ここは、元々神護寺の別院だったのですが、後宇多天皇から名前を賜り、神護寺から独立したそうです。
境内にある「槇」は立派なもので、樹齢700年、日本最古の槇のひとつだそうです。寺の客殿には、虎の屏風が置いてありました。狩野○○(忘れました)の名がありました。

Img_0003 Img_0001

Img_3098 Img_3100 Img_3106

西明寺からさらに15分ほど山を下ると神護寺があります。
紅葉で有名なお寺だけあって、先の2寺に比べると雲泥の差といえるほど人の往来が違います。
紅葉は、神護寺の参道の階段沿いはけっこう見ごたえがありましたが、神護寺の境内はかなり落葉が進んでいました。
かわらけ投げをする展望所では、きれいに色づいた山肌が見えました。

Img_0004 Img_0005

Img_3123 Img_3134 Img_3139

Img_3140 Img_3155

神護寺からは清滝川沿いの東海自然歩道を通って清滝まで行きました。秋も山肌が色づいてきれいですが、夏も川沿いなので涼しくて良いかもしれません。
清滝に着くと、河原で昼ご飯を食べている人などけっこう沢山の人がいました。この辺りからは、愛宕山への登山口もいろいろあるようです。

Img_3168_2 Img_3185 Img_3188

清滝から落合までの金鈴峡は、川に岩がごろごろしていて独特の雰囲気があります。
落合からは、六丁峠へ向けて昇りです。途中、保津川に嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車が通る鉄橋が掛かっているところがありました。
列車が通らないかとしばらく待っていましたが、なかなか来ないのであきらめ、カヌーが通ったところを写真に収めました。

Img_3193 Img_3199 Img_3201

六丁峠から本鳥居へ下りてきました。茅葺の家(お店)が少しあり、良い雰囲気です。
化野念仏寺にも寄りましたが、拝観はせず、大覚寺に向かいました。この辺りは観光地なので、結構な人出でした。

Img_3206 Img_3222 Img_3220

大覚寺にも観光バスやレンタル自転車などで沢山の人が来ていました。
表門まで入りましたが、ここの松もきれい剪定されており、ここだけを見ても中の庭はさぞ立派なんじゃないかと想像できます。
今日は大覚寺の中は拝観せず渡月橋方面へ向かいました。渡月橋へ向かう途中の踏切でトロッコ列車がちょうど通ったので写真を撮りました。

Img_3233 Img_3229 Img_3236

嵐山のメイン通りはものすごい人でした。大阪の心斎橋筋のようになっていました。
混雑するメイン通りすぐわきにある「竹路庵」の「黒蜜わらび餅」をお土産に買って帰りました。
http://www.kuchibabussan.co.jp/index.htm

お土産も買ったし帰ろうかと思ったのですが、紅葉があまりにきれいだったので、寄るつもりのなかった天龍寺にも立ち寄りました。
天龍寺の紅葉は今日一番の紅葉でした。寄って良かった。
渡月橋付近から見える山肌の色づきも最高でした。赤・黄・橙・茶・黄緑・緑と木々の競演です。
渡月橋の橋の上は人であふれかえり、渡り切るのにけっこう時間がかかりました。まさに紅葉祭りといえる1日でした。

Img_3252 Img_3241 Img_3261

Img_3270 Img_3273 Img_3275

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »