« 長崎観光案内-1 坂本龍馬を訪ねて! | トップページ | 紅葉だより2010 犬鳴山-七宝瀧寺-五本松 »

2010年11月23日 (火)

長崎観光案内-2 坂本龍馬を訪ねて!

木・花・鳥・山・水・星!

長崎観光の続きです。

まず、朝一番に路面電車に乗って眼鏡橋へ。
地元の人も散歩をしていましたが、観光客の方もちらほら。天気も良く、川面に映った橋がはっきり眼鏡になっていました。
橋の周りには、カステラ屋や土産物屋が少しありました。

P1000813

眼鏡橋から西に坂道(幣振坂)を上がっていき、風頭公園へ向かいました。
坂の後半は墓地になっていて、急な階段を登らないといけないので結構汗をかきました。

風頭公園には、坂本龍馬像や日本初の商業写真館を開いた上野彦馬の墓などがあります。

P1000818

公園を下っていくと、亀山社中跡があります。ここは当時の建物を復元し亀山社中記念館として資料が展示されています。
私も含め、龍馬伝の人気もあって、観光ツアーの団体客もたくさん来られていましたが、大河ドラマが無かりせば、坂道を上がってこないといけないこともあり、観光客はそれほど多くないのではないかと思いました。
亀山社中跡の前には、龍馬のブーツ像があり、展望も良いので写真撮影スポットとしてお勧めです。ねこちゃんも休んでいました。
少し離れたところには、亀山社中資料展示場もあります。ここは無料ですが、ファンが独自に運営している、半分お土産屋のようなところでした。

P1000829 P1000825

Img

Img_0001 Img_0002

亀山社中跡から坂を下り、深祟寺や興福寺などのお寺が並ぶ路を通って、眼鏡橋の方へ戻ってきました。
公会堂前電停から路面電車に乗り、グラバー園、大浦天主堂へ向かいました。
石橋電停まで行けば、垂直エレベータで楽にグラバー園第2ゲートから入園できるとのことですが、大浦天主堂にも行くつもりだったので、大浦天主堂下電停で下車しました。
ここは、今までいった中では、土産物屋も沢山あり、一番観光地らしいところでした。
土産物屋が連なる路を上がっていくと目の前に大浦天主堂が見えてきます。入場料300円を払って中へ。
天主堂の歴史や設備の説明がテープで流れています。教会の独特の雰囲気があり、厳かな気持ちになります。

P1000943 P1000840

天主堂から、すぐ裏にあるグラバー園へ。入園料は600円。愛知県の明治村のように、当時の洋館が沢山あり、当時の家具・調度品などが展示されています。
グラーバー園からは、長崎港、稲佐山が見え、とても展望のよいところです。
やっぱりここは長崎で一番観光客の多いところではないでしょうか。沢山の方が来られていました。

Img_0007 Img_0008 Img_0009

P1000852 P1000854 P1000901

グラーバー邸の前の石畳にハート形の石がありました。みんな写真を撮っていたので、とりあえず撮ってみました。

P1000937_3 Img_0010

グラバー園を後にし、大浦天主堂の前の土産物屋兼レストランで名物らしいトルコライスを食べました。
ネーミングの発祥は不詳のようで、諸説あるようですが、ピラフ(インド)、スパゲティナポリタン(イタリア)をとんかつがつなぐ(トルコ)ということでトルコライスという説が、私は好きです。
これはうまいというほどのものでもなく、それぞれの食べ物がひとつ皿に盛られているだけです。その後、土産物屋をぶらぶらした後、長崎駅へ向かい、長崎観光は終了しました。

長崎は、山と海に囲まれ、雰囲気のある良い街です。今回は味わえませんでしたが、海の幸も大変おいしい所だそうです。長崎はお勧めの街です。

|

« 長崎観光案内-1 坂本龍馬を訪ねて! | トップページ | 紅葉だより2010 犬鳴山-七宝瀧寺-五本松 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542041/50109177

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎観光案内-2 坂本龍馬を訪ねて!:

« 長崎観光案内-1 坂本龍馬を訪ねて! | トップページ | 紅葉だより2010 犬鳴山-七宝瀧寺-五本松 »