« 上高地-西穂高岳独標-白川郷 ① | トップページ | 上高地-西穂高岳独標-白川郷 ③ »

2010年8月15日 (日)

上高地-西穂高岳独標-白川郷 ②

木・花・鳥・山・水・星!

平湯温泉から、宿泊する新穂高温泉のホテル穂高へ移動。ホテル穂高は、新穂高ロープーウェイのすぐ横にある便利なホテルです。部屋から、笠ヶ岳が見える最高のロケーション。
夕食の前に露天風呂へ。湯の華も浮いていて効能のありそうな良い温泉でした。夕食は、飛騨牛に鮎、山の食材、朴葉味噌など。飛騨牛はとても柔らかく、なかなかのものでした。

2日目、まず、早起きして温泉へ。その後30分ぐらいホテルの周りを散策。朝食は、山菜や山の食材の小鉢がずらりと並び、今まであまり見たことのないようなものでした。
朝食後、西穂高岳独標まで登るため、新穂高ロープーウェイへ。始発は8時半ですが、1時間前の7時半過ぎに乗り場へ行くとすでに30人くらい並んでました。

Img_1833_5 Img_1840_2

ロープーウェイ乗り場の標高は1,117m。西穂高口駅は2,156m。1,000mを登ります。途中で乗り継ぎますが、全工程の乗車時間は12分。遠く白山まで見通せる絶景です。
西穂高口駅には展望台があり。向かい側の笠ヶ岳をはじめ、焼岳、槍ヶ岳も見えます。

Img_1865_2 Img_1881_2 Img_1882_2

Img_1879_2 Img_1889_2

展望台で写真を撮った後、さあ、西穂高岳独標目指して登山の開始です。
途中の山小屋「西穂山荘」までは木々が生える森の中を進みますが、山荘から後は、森林限界を超え、這い松などの低木や高山植物しか生えていませんので、日差しがまともに肌を焼きます。
山荘周辺は高山植物がいろいろ咲いています。
登るにつれ、足もとも岩が多くなりガレてきます。天気も良く最高の景色が目の前に広がります。これを見るために登ってきたようなものですから、疲れも吹き飛びます。
また、はるか下に目をやると、昨日散策した上高地が一望でき、今日も駐車場はバスでいっぱいなのが見てとれました。
途中、丸山手前で早い昼食をとり、丸山山頂から独標へ向かいました。驚いたのは、サンダル履きで登ってきているフランス人の親子連れがいたこと。岩場の登りでも平気で登って行きましたので、彼らのたくましさには驚きました。
一方では、岩場の登りで、へっぴり腰のおばちゃんもいたり、色々な人が登っています。
独標は、足の踏み場もないくらい人であふれかえっていました。

下りは、ゆっくり景色を楽しみながら下山しました。

Img_1920_2 Img_1926 Img_19322

Img_1949 Img_1965 Img_1968

Img_1981 Img_1904 Img_1986

Img_1996 Img_1993 Img_2002

Img_2015_2 Img_1989_3 Img_2021

|

« 上高地-西穂高岳独標-白川郷 ① | トップページ | 上高地-西穂高岳独標-白川郷 ③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542041/49150130

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地-西穂高岳独標-白川郷 ②:

« 上高地-西穂高岳独標-白川郷 ① | トップページ | 上高地-西穂高岳独標-白川郷 ③ »