« 鉢植え増加中 | トップページ | ポンポン山 善峯寺 へ »

2009年9月29日 (火)

胃カメラ飲んだぞー!

今日、初めて胃カメラを飲みました。
どんなだったかお話したいと思います。

① 先生から、麻酔アレルギーがないか、その後、鼻から入れるので、よく鼻血が出ないか確認。
② 仰向けでベッドに横になり、ズボンのベルトを緩めるように指示。
③ 鼻に何かの液体を垂らし、その後、口の中に霧状の液体(おそらく麻酔)をシュッシュしました。飲み込まないように指示がありました。
④ 横向きになり、カメラの画像が見えるようにモニターを目の前に持ってきてくれました。
⑤ 鼻からカメラを入れ始めましたが、入れるとき鼻の奥がものすごく痛い。それに、喉を通った時と、しばらくしてから、2度えずきました。
⑥ 食道から胃の入り口、胃の中へと進んでいくのがモニターでわかります。
⑦ 胃の中であっち行ったりこっち行ったりしていますが、胃の中で動いているのがわかり、ちょっと気持ち悪い。
  胃壁の一部が白いもので覆われていて何かなと思ったら、先生が、カメラの先端から水のようなものを出して洗い流しました。
  すぐにきれいになり、胃壁がよく見えるようになりました。おそらく胃液か何かが泡立って胃壁に付いていたのだろうと思います。
⑧ 先生は、胃の中の様子を逐次説明してくれているのですが、少しお年を召していて、声も小さく、何を言っているのかよくわかりませんでした。
  淡々と胃の場所の説明しているようなので何も問題ないように感じました。一部、胃壁が薄くなっており、血管が透けて見えている。
  これのせいで、ペプシノゲンの検査で引っかかったのだろうと言われたのは分かりました。
⑨ 一通り検査が終わり、鼻からカメラを抜く時もやっぱり鼻の奥がものすごく痛くなりました。
⑩ 検査が終わったら朝ごはんを食べようと思っていたのですが、喉に麻酔をしているので、誤飲を避けるため、麻酔が切れるまで飲食は駄目だと言われました。
  看護婦さんは30分間は飲食不可と言いましたが、実際に食事をしたのは1時間ちょっと経ってからでした。麻酔で喉の感覚がおかしく、普通に食べられるような感覚になるまで待ちました。

検査の結果は特に問題なしだったのでホッとしました。

話で聞いたところの、口からカメラを入れる検査よりは、鼻から入れるほうがまだましなのだろうとは思いましたが、鼻の痛みや喉の麻酔の妙な感覚は、あまり経験したくないものでした。アー疲れた。

あまり見たくないかもしれませんが、おなかの中をお見せします。

20090929_0001 20090929_0002

20090929_0003 20090929_0004

|

« 鉢植え増加中 | トップページ | ポンポン山 善峯寺 へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542041/46347141

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラ飲んだぞー!:

« 鉢植え増加中 | トップページ | ポンポン山 善峯寺 へ »