« カラッとした良い天気 | トップページ | 歩数計買いました! »

2009年8月17日 (月)

さあ!お伊勢さんへ。

8月16日、お盆休みの間に、お伊勢さん(内宮)に行ってきました。

平成25年の「式年遷宮」の4年前ということで、宇治橋は架け替え工事中でした。今年の11月には完成するようです。

P1010826_2

神苑には、立派な松の木がたくさんあり、きれいに剪定されていました。

P1010827

火除橋を渡り、手水舎で手と口をすすぎ、一の鳥居をくぐった後、五十鈴川の御手洗場へ。水がきれいなんでしょう。メダカや小さな魚が泳いでいるのが見えました。

参道を進んで二の鳥居へ。巨木や苔むした岩が見られるようになり、神域の雰囲気を醸し出しています。

P1010835

いよいよ正宮(しょうぐう)へ。お盆休みということもあり、参拝するのに5人一列程の行列が7、8列はできていたのではないでしょうか。順番を待って参拝。白絹の御幌(とばり)が掛けられた外玉垣南御門(とのたまがきみなみごもん)からの参拝なので、中の様子は見えません。しかし、参拝の後、横にずれると、唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)の御正殿が少し見えます。

正宮の横には、「式年遷宮」の引っ越し先になる新御敷地(しんみしきち)がありますが、塀で囲われていて何も見えません。

P1010845P1010850

次に、荒祭宮(あらまつりのみや)へ。向う途中に、高床式の倉庫の御稲御倉(みしねのみくら)があります。ここには、神宮神田で作られた稲が収められているとのこと。
荒祭宮の手前の下りの石段の途中に、「踏まぬ石」と謂われる石があります。くれぐれも踏まぬように。
(写真を見て気付きましたが、石が濡れていますね。あんなに天気が良かったのに、なんで濡れているのか?不思議です。)

P1010852

荒祭宮は、天照大御神の荒御魂を祀っています。荒御魂は、神の穏やかな働きである和御魂(にぎみたま)に対して、活動的な働きをする状態のことのようです。

さらに、風日祈宮(かざひのみのみや)へ向かいました。神楽殿の向い側に伸びる脇道から、風日祈宮橋を渡ると風日祈宮があります。
風日祈宮橋の上は日が差し明るくなっているのに比べ、橋の先の鳥居の向こうは木立で鬱蒼とした暗い影となり、まさに、日と影の境に結界が引かれていると思わせる雰囲気がありました。
なんと神秘的な雰囲気をもった場所かと驚嘆しました。お伊勢さんにお参りした時には、絶対ここは外せません。
ちなみに、風日祈宮には、級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸辺命(しなとべのみこと)を祀っており、風の神さんだそうです。

P1010867P1010863

内宮のお参りを済ませた後、おはらい町からおかげ横丁へ。やはりお盆休みのせいか、もの凄い人混みでした。蒸し暑い日でしたので、まずは「かき氷」で体を冷やし、後は食べ歩き散歩へ。
松坂牛のコロッケ、松坂牛肉まん、たこ棒(天ぷら)、みたらし団子、ぬれおかき、冷凍みかん、伊勢うどん、そして赤福餅。やっぱりお伊勢さんに来たら赤福本店で赤福餅をいただかないと来た気がしません。

おかげ横丁が10年くらい前にできてから、観光振興が進み、観光客が増えているようです。若いカップルもたくさん来ており、広い年代の人から受け入れられているようです。

P1010905P1010906

|

« カラッとした良い天気 | トップページ | 歩数計買いました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542041/45952860

この記事へのトラックバック一覧です: さあ!お伊勢さんへ。:

« カラッとした良い天気 | トップページ | 歩数計買いました! »